夜這いする七人の孕女 下巻 当主の花嫁

Pocket

夜這いする七人の孕女 下巻 当主の花嫁

夜這いする七人の孕女 下巻 当主の花嫁

あらすじ

病弱な明日花は、学校へ登校する日が少ない為、友達があまりできず、独りでいることが多かった。亡き父から、雅也の事を常々聞かされていた明日花は、理想 の兄雅也に会える日を楽しみにしていた。雅也と対面し、明日花は彼が思い描いていた理想の兄であることに喜んだ。その無邪気な愛情は明日花が妹ではなく女 性であることを意識させてしまうようなことがあり、雅也を困惑させてしまうことがあった。島に暮らす女性が、当主の子を宿すことは名誉なことである。この ような考えから生まれた夜這いという伝統…。雅也は島の女性達と持っている。そのことを知った明日花は妹として愛してもらいたい、女性として愛してもらい たい、二つの心境が去来して複雑な思いを抱くことになるのであった。

Pocket

スポンサーリンク
アダルト系
人気記事ランキング
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
アダルト系
人気記事ランキング
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
アダルト系
人気記事ランキング
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です